人気ブログランキング |
2007年 05月 30日 ( 2 )
PRIDE消滅へ
ダナ・ホワイト氏の会見の記事を入手しました。
以下の英文を斜め読みすると、
ようやくPRIDEの買収が終了し、シルバの次の相手がUFCチャンプのリデルになるであろうことがわかりました。

そして、ヒョードルにも触手を伸ばしており、そしてそのベルトをかけてUFCで戦うようです。
つまりPRIDEのベルトをかけてUFCで戦うと。つまり、PRIDEはなくなるだろうということです。

さようなら、PRIDE

During the UFC 71 post-fight press conference, Ultimate Fighting Championship President Dana White confirmed what Josh Gross reported last week: The purchase of Pride Fighting Championships has been finalized.

"We’re still trying to figure out this whole Pride and UFC thing. The deal is done. We acquired the company yesterday or the day before," White told the media at the UFC 71 post-fight press conference.

White continued, "Talking about all the Pride stuff, we're going to work on that stuff over the next [weeks] now that the deal is officially closed. You can't start running a business when you don't own it yet. We've owned it for two days. I know we made the big announcement [on March 27], but it might have been a little premature. The deal wasn't done yet. The deal was pending, but we were far enough along where we felt comfortable announcing the deal. Now that it's closed two days ago, we'll get that straightened out."

Now that the deal is done, questions still remain surrounding Lorenzo and Frank Fertitta’s plans for the newly acquired Japanese mixed martial arts promotion. Originally, it was announced that the UFC and Pride would be run separately, and while there would be super-fight match-ups between champions, all of the top Pride fighters would be staying in Pride.

White’s comments concerning the Pride fighters and what he plans to do with them indicate that many of Pride's top fighters will be assimilated into the UFC. White said, "We’re going to have them all. We’re going to have them all. At the end of the day, if you want to fight the best fighters in the world, if you want to cement your place in history... and at the end of the day, the money is great, all that stuff is good, but for me I’m one of those types of people... it’s all about cementing your place in history. Who is the greatest fighter in every weight division? It’s here. It’s in the UFC. They’re all going to be here."

When asked about one of Pride’s biggest stars, Wanderlei Silva, White said, "We're going to have them all here. He [Silva] is going to be here. They're all going to fight... they're all under contract.” White also said that Silva would likely be Chuck Liddell's next opponent.

When asked about Fedor Emelianenko, who is the Pride Heavyweight Champion and the #1 ranked heavyweight fighter in the world, White said, "We're working on Fedor right now, too. We're working on everybody. Everybody means everybody, all of them. We're trying to get them all. They're all going to be here. If not now, eventually we'll have them all."

What about the Pride champions? White addressed that question as well: "I don’t think we should disrespect the guys who have belts in Pride. They were champions in that organization, and they have belts, too. We’ve still got to figure this thing out, but at the end of the day the great thing is that the best are going to fight the best. That’s all that really matters at the end of the day."(MMAWeeklyより)


これまで、我々K-1ファンは、傍若無人を続けるPRIDEとそのコアなファンに侮蔑され、屈辱にまみれてきました。
ミルコを奪われ、ハントを奪われ、その上Pヲタと呼ばれるコアファンにネガティブキャンペーンを張られ、大変腹立たしい日々を過ごしてきました。
しかし、PRIDEは消滅し、Pヲタもようやく自分達が騙され続けてきたことに気がついています。

断っておきますが、MMAに対しての恨みは全くありません。PRIDEにもあまりうらみはありません。ただ、彼らによって張られたネガティブキャンペーンは、K-1にとって愉快な物ではありませんでしたね。
もう、PRIDEを記事にすることはなくなるでしょう。最後にPヲタたちにこの言葉を贈ります。

Good-bye Pride!  Pride never die! (in your mind forever!!)

にほんブログ村 格闘技ブログへ
by the_kakato_otoshi | 2007-05-30 21:26 | 総合格闘技
キックボクシング・ムエタイ部門1位?
最近、にほんブログ村というサイトで、ブログランキングに登録しました。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
↑これ。バナー押すと、にほんブログ村へ飛ぶ。

すると、1週間ほどでキックボクシング・ムエタイ部門の頂点に立つことができました。
わずか7サイトというちいさな部門ではありますが、あえて狙って小さな部門に挑戦したのです。
案外いけましたね。

とはいえ、ランキングはあくまで「このブログからにほんブログ村まで飛んだ人の数」が順位に反映されるのであって、「にほんブログ村からこのブログに飛んだ人の数」は順位とは関係ありません。
ですので、これは大した目安にはならないと思っています。こんなものに拘って記事の内容を考えたり、タイトルのつけ方でネットユーザーを呼び込んだりするような愚かなブロガーにはなりたくないですので。いままで通り好きな記事を適当に書きます。そもそも、日記だし。


まあ自慢話ばかり書いていてもつまらないので、たまには時事ネタも書いてみます。
おとといから松岡前農務大臣の自殺の件を、ずっとニュースでは取り上げていますね。
私の好きな競馬(JRA)も、農務省の所轄ですから、無関係ではないといえば無関係ではないのですね。
それにしても、松岡氏は熊本の百姓から、お世辞にもレベル的に高くない鳥取大学などに行って、そして官僚となり地盤がないにも関わらず国会議員まで登りつめた、かなりの立身出世を果たした人物のようですね。
そういえば、鈴木宗男も北海道のものすごい田舎から、泥をすすって這い上がってきました。
二人とも、おそらくは裏の力、金の力を権力に変えてきたのでしょうね。そうでなくては、何の後ろ盾もない百姓の小せがれが大臣まで登りつめることはできないに違いありません。

上の二人の例以外にも、政治家の汚職というのは、大抵にして地方出身の議員が多いですね。
やはり汚職の根源は「地方」であることは間違えないようです。

対して、鳩山元民主党代表、小泉前総理、安倍総理のような面々と連なる政治家一家の出身者は、非常にクリーンで叩いても埃が立ちません。
「餅は餅屋」というかどうかはわかりませんが、「政治は政治屋」という言葉もあながち当てはまらないわけではないような気がいたします。

しかし、クリーンであればいいわけではなく、少々悪いことしてても文句言わないから、内政と外交をしっかりやって、国にプラスになることをしてくれればいいわけですね。

とはいえ安倍政権はどーにも腹黒いというか、スキャンダラスな内実を抱える人物が多すぎます。事務能力は高くても、マスコミにつぶされるような脇の甘い政治家を多く置くのも困りものですね。
by the_kakato_otoshi | 2007-05-30 10:51 | K-1
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧