2007年 06月 28日 ( 2 )
【感想】K-1 WORLD MAX2007~世界一決定トーナメント開幕戦~
地上波の放送による感想です。あらかじめご了承ください。
(勝者は



<第9試合 トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
○[前年ベスト4]魔裟斗(日本/シルバーウルフ)
●[推薦]J.Z.カルバン(ブラジル/アメリカン・トップチーム)

予想的中。MAXのエースは、とんでもない男になっていた! これまで、総合格闘家やボクサーを相手にするとローキックで逃げることが多かった魔娑斗。しかし、今日のエースは違いましたね。カルバン相手に真っ向勝負。リスクを省みず、パンチで倒しにいきました。対するカルバンも、慣れない立ち技の大会で元王者を相手にひるむことなく向かっていきました。プロVSプロの戦いという様相。結果は魔娑斗でしたが、この偉大な挑戦に立ち向かったJ.Zカルバンはさすが。拍手を送りたいです。

<第8試合 トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
○[前年王者]ブアカーオ・ポー.プラムック(タイ/ポー.プラムックジム)
●[西欧王者]ニキー・ホルツケン(オランダ/ゴールデングローリージム)

ホルツケンもきっと強いのでしょうが……。王者が本気を出すほどの相手ではなかったのでしょう。

<第7試合 トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
●[前年ベスト8]アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ)
○[前年ベスト8]ヴァージル・カラコダ(南アフリカ/ウォリアーズMMAアカデミー)

今日のクラウスは今年一番でしたね! カラコダ相手に3R攻め、最後のラッシュにつなげました。5歳の息子がどうとかという煽りはどうでもいいんですが、息をつく暇もない、レベルの高い試合でしたね。このパーフェクトクラウスに敗れたカラコダも強い。また見たい。これぞK-1。これぞMAX。

<第6試合 トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
○[前年準優勝]アンディ・サワー(オランダ/シュートボクシング オランダ)
●[推薦]オーレ・ローセン(デンマーク/Untamed)

欧州の強豪といわれたローセンといえども、K-1のレベルでは通用しなかったですね。

<第5試合 トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
○[日本王者]佐藤嘉洋(日本/フルキャスト・名古屋JKファクトリー)
●[東欧王者]デニス・シュナイドミラー(ドイツ/Feuer sports)

身長差がありすぎ。佐藤は日本人なのに3Rだけの放送で、コヒがフルラウンドというのは到底納得できるものではありません。

<第4試合 トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
○[前年ベスト4]ドラゴ(アルメニア/チームSHOW TIME)

●[推薦]マイク・ザンビディス(ギリシャ/メガジム)


こんなに期待通りの試合だったとは! 漢と漢の意地のぶつかり合い。会場のお客さんも物凄い盛り上がって最高でした。予想は外れましたが、ザンビディスの復活劇には感動しました。ドラゴも22歳でまだまだ強くなる選手。1Rから見せてくれればよかったのに。ザンビディスのパンチの重さはすごいですね。もう一回言いましょうか。
これぞ、K-1。これぞ、MAX。

<第3試合 トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
●[推薦]アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ/キャプテン オデッサ)
○[アジア王者]イ・スファン(韓国/韓国体育館)

本当、私の予想って当たらないですね。キシェンコはいいですね。「美しき死神」というキャッチコピーは及第点でしょうか。あのアグレッシブさはいい。イ・スファンもいい感じですね。新顔対決でしたが、きっちりK-1でしたね。かなり引き込まれました。

<第2試合 スーパーファイト K-1ルール 3分3R・延長1R>
●[前年ベスト8]小比類巻貴之(日本/チーム ドラゴン)
○[モンゴル代表]ツグト“忍”アマラ(モンゴル/フリー)

予想また外れ~。
外れておいて言うのもなんですが……。
小比類巻は帰ってクソして寝ろって感じです。なんですかあれは。判定で勝てそうになったら、リスクを犯さず、逃げの戦法。あげくの果てに、試合終了10秒前に片手をあげてガッツポーズ&会場に笑顔

クラウスが、ザンビディスが、魔娑斗が、最後までKOを狙って攻撃の手を緩めずガンガン攻めていたのに……。なんというか、プロフェッショナルとしての精神的な高みがこの男にはないのでしょうか。
何がミスターストイックか。そのネーミングは今日を限りに返上です。もっとも真剣味のない試合をしていたのは、何を隠そうこの小比類巻です。最後の1秒まで戦っていたアマラに対しても失礼ですし、会場のお客さんにも失礼です。
私がプロモーターなら、こんな選手は二度と使いませんね。
推薦枠、どうなるのか今日の時点では知りませんが、こんな男が選ばれるようなら、ベスト8ではなく、「ベスト7」と私は決勝トーナメントのことを呼びます。

<第1試合 スーパーファイト K-1ルール 3分3R・延長1R>
●[日本トーナメント準優勝]TATSUJI(日本/アイアンアックス)
○[推薦]アンディ・オロゴン(ナイジェリア/チーム オロゴン)

外れすぎだ……。アンディはもう少し蹴りを使ったほうがいいです。TATSUJIはクリンチが多すぎます。

<オープニングファイト第3試合 K-1ルール 3分3R>
●尾崎圭司(日本/チーム ドラゴン)
○パク・ウィング・ヒョング(香港/ウーニク タイボクシング)

(試合はドロー)

見てないんですけど、どうだったんでしょう。ドローって。

<オープニングファイト第2試合 K-1ルール 3分3R>
○名城裕司(日本/頂上会 テアゲネス・スポーツ・アカデミー)
●白虎(日本/Ranger品川ジム)

予想通り、勝ったみたいですね。名城。来年の2月、期待してますよ。

<オープニングファイト第1試合 K-1ルール 3分3R>
○ノンタナン・ポー.プラムック(タイ/ポー.プラムックジム)
●ファリッド・ヴィヨム(フランス/フェニックス ムエタイ)

最初から外れているし。

結局12試合で4試合しか当たらないってどういうことですか。これでK-1ファンを名乗っているのは、自分が恥ずかしいですね。
しかし、今日はK-1の醍醐味を見せてもらいました。負けたけど、ドラゴ、カラコダ、カルバン、イ・スファン……。誰が推薦でもいいです。

小比類巻じゃなければね!!

にほんブログ村 格闘技ブログへ

推薦枠はドラゴ希望→人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-28 23:36 | K-1
イタリアでキックボクシングの大会「オランダVSイタリア」
7月6日、イタリアで「オランダVSイタリア」という大会があるようですね。

K-1出場経験者がいましたので、報告します。

まずはヘビー級のムラッド・ボウジディVSピーター・ヴァルガ。
二人ともK-1の舞台に立ったことのある選手ですね。ヴァルガは久しぶりに見ました。
ボウジディは先日のオランダトーナメントのリザーブマッチでグーカン・サキに敗れた直後の再起戦となります。
怪我で来日できなかったのですが、このあいだのK-1MAX世界最終選抜でドラゴと対戦予定だった「サロ”シシリアン・ドン”プレスティ」が出てますね。どんなファイターなんでしょうか。

Friday, July 6th 2007 / Pordenone - Italy

オランダVSイタリア

Mourad Bouzidi vs Peter Varga
Gianni Cunsolo vs Franklin Beuk (KL European Title) 76kg
Karim El Assrouti vs Mohamed Mojaid
Roel Rink vs Alessandro Alias
Diego Ballardin vs Saro "The Sicilian Don" Presti
Erika Monforte vs Silvia Floris
Gianbattista Benetti vs Chico Zerbini


にほんブログ村 格闘技ブログへ

今日はMAX→人気blogランキングへ
[PR]
by the_kakato_otoshi | 2007-06-28 13:08 | K-1
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧