人気ブログランキング |
2008年 10月 27日 ( 1 )
Dynamite!!にK-1選手を安易に出してはならない。
ホンマン、シュルトにはダイナマイトで総合をさせるという話らしいですが、
私はこれは本当に反対です。

ホンマンはK-1ファイターとしてまだ未成熟な段階なのに、
大晦日に総合に出す必要性はない。

シュルトに至っては、3年連続の王者。
よほど本人がやると言わなければ、出場してほしくない。

今回のお話のポイントは、
お金と総合の現在です。

総合格闘技「DREAM」は、「戦極」ともども視聴率的に苦戦し、お金もないといいます。
そんな状況下で、総合中心のイベントであるダイナマイトを開催しても、注目はなかなか集まらないでしょう。ちまたを騒がせている石井選手でも引っ張ってこない限り。

そこで、注目を引くためにはホンマンのように知名度が高い選手や、シュルトのようなチャンピオンクラスを持ってくるしかないということでしょう。

自称大黒柱や魔王などは、格闘ファン以外には知られていない存在です。
ですから、ダイナマイト関係者は比較的知名度が高いWGPのK-1ファイターが是非とも欲しい存在に違いありません。

私がダイナマイトにK-1ファイターを出して欲しくない最大の理由は、
K-1ファイターがダイナマイトを小遣い稼ぎにしか考えていない現状です。

彼らの最大目標はWGPやMAXの決勝戦であり、
大晦日ではありません。
全くテーマ性がないから、毎年ぬるい試合が散見されます。
それに比べて、総合の選手はもう少し大晦日を大切にしています。
大晦日に試合をするというのが、総合の選手にとってはある種のステータスだからです。
逆に、トップのK-1選手にとっては、年末の試合をする意味が、自分のプロモーションのため以外の何者でもないというのが現実ではないでしょうか?

大晦日には、バダ・ハリvsペタス、武蔵vsサップ、サップvsバンナなどの試合が行われてきましたが、どれもピリっとしたものはありません。それこそ、思い出せる「いい内容の試合」なんてKIDvs魔裟斗までさかのぼる必要があります。


ファンも馬鹿じゃないから、「魔裟斗vs佐藤」のような試合が大晦日で見ることができるとは誰も思わないでしょう。佐藤vsブラックマンバ、魔裟斗vs元ボクシング王者なんて見てもつまらない。そんな勝負の行方のわかりきった試合は。
出すとしても、彼らを少しでも本気にさせる相手を容易しなければ、全く意味がないのです。
正直、予算の無駄遣いです。

総合に興味のないファンを捕まえる戦略がなくては、
容易に数字など取れないことを覚悟すべきです。


にほんブログ村 格闘技ブログへ

怒りの鉄拳くらいやがれ!→人気ブログランキング
by the_kakato_otoshi | 2008-10-27 17:44 | 総合格闘技
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧