人気ブログランキング |
<   2007年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧
安倍総理辞任だってさ
「週刊現代」が、首相の父親が亡くなった時の遺産を脱税したのではないかという疑惑を15日の紙面に載せる予定だったそうですね。

安倍首相に対し国民は「強いリーダー」を望んでいた。しかし、ついに総理が「強さ」を発揮する場面は来ませんでした。「教育再生」と「戦後レジームからの脱却」そして「独自憲法の制定」を目ざし、圧倒的な多数を誇る衆議院を武器として着実に、実直に実務型の首相として実績を重ねてきたことを全く評価されませんでした。枡添厚生大臣など、新閣僚に期待できる人が多かったのに、なんなんでしょうか。。。。

残念です。

と。

よく政治家の不祥事をつかまえて
「民間ならこんなことはない」といいますけど、
民間なら社員支持率ゼロパーセントのワンマン社長がいつまでも居座っていることなんてザラじゃないですか?

大変残念です。


さて、一応当ブログは現在K-1を中心に取り扱っていますので、
K-1に絡めてみますと……。

格闘ファンの間で信任選挙をしたら谷川氏はあっさり落選するんだろうなぁ……。
by the_kakato_otoshi | 2007-09-12 15:59 | 格闘技以外
来春、ハリトーノフK-1参戦
Hero'sでアリスター・オーフレイムと戦うことなんか、結構どうでもいいんです。

「将来はK-1のリングにも上がりたい」と言うハリトーノフ。会見に同席した谷川貞治HERO’S実行委員は「来年春にもK-1に参戦させたい」と構想を語った。

これですよ。

来年春にもK-1に参戦させたい

これ。

ムエタイ技術を習得すれば、K-1で面白い存在になりうる選手だと思います。
ちょうど、ハリトーノフは怪我で最近よい成績を収めておらず、安い買い物だったのではないでしょうか。
なにしろ、(価値があるのかどうかは全くわからないけど)4/60億選手ですからね。

まずはHero’sでオーフレイム相手にリベンジを果たし、
来春のK-1GP戦線をかき回しにきてほしいですね。

こういう選手が来たことで、
同じロシアのピチュクノフは、危機感をもって取り組んでほしいですね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気blogランキングへ
by the_kakato_otoshi | 2007-09-11 16:33 | 総合格闘技
拍子抜けだよ、K-1スロバキア大会
スロバキアのブラチスラバで行われたK-1ルール大会(既報)
の結果を得られたのでUPします。

当初、ブレギーやウスティノフなど地味強がたくさんでるということで、
当ブログでも「本当にこの面子が集まるのか」と疑問を投げかけましたが、
やっぱり大半出ませんでした(苦笑)。
スロバキアのプロモートはこんなもんですね。

注目されたカード、
エルハン・デニスVSアゼム・マクスタイは、マクスタイが判定で勝利。
そのほか、
セルゲイ・グールがポチュラックに判定勝ち。
欧州の強豪マゴメドフが、ベテランのマイストロビッチに勝利しました。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

人気blogランキングへ



Noc bojovníkov 4, 7.9.2007, Bratislava

K-1 Max rules:
Vladimir Konsky (Slovakia) vs Ricard Verschuren (Holland)
won: Vladimir Konsky by decision

K-1 rules:
Erhan Dennis (Turkey) vs Azem Maksutaj (Switzerland)
won: Azem Maksutaj by decision

K-1 rules:
Sergei Gur (Belarus) vs Dzevad Poturak (Bosnia and Herzegovina)
won: Sergej Gur by decision

K-1 Max rules:
Vladimir Moravcik (Slovakia) vs Wallid Haddad (France)
won: Vladimir Moravcik by decision

K-1 rules:
Slavomir Molnar (Slovakia) vs Lubo・Raur (Czech republic)
won: Lubo・Raur by TKO
K-1 rules:
Magomed Magomedov (Russia) vs Petar Majstorovic (Switzerland)
won: Magomed Magomedov by decision

K-1 rules:
Ondra Spejbl Hunik (Czech republic) vs Ilic (Croatia)
won: Ondra Spejbl Hutnik TKO

by the_kakato_otoshi | 2007-09-11 10:42 | K-1
ジャッジ! ジャッジ! ジャッジ!
K-1のジャッジ(K-1に限らず、どこの世界のジャッジもそうなんですが)は、
よく批判されますな。
その個別の内容はともかくとして、
実際武蔵がらみの判定は酷かったわけですが。

今度のMAX、第1試合の魔娑斗VSブアカーオ・・・。

名勝負の期待も高まるのですが、唯一の気がかりはやはり「ジャッジ」。

前回のこの二人の試合……。そう、あの2004年決勝戦

どう考えてもブアカーオ優勢の試合内容で、ジャッジが無理やり引き分けの判定を持っていくという大失態でしたね。

今回も、ジャッジが魔娑斗かわいさに身びいき判定を繰り返すのではないかと心配しています。

ファン・ランダエダVS亀なんとかで日本中がブーイングを浴びせかけた事件にあるように、日本人は基本的に正々堂々とした民族です。(近年はそうでもない日本人も多いようですが……)アメ公や支那人とは違います。

仮に圧倒的な力の差でブアカーオ優勢のまま判定を迎えたとしても、
ぜひとも公明公正なジャッジをしていただきたいところです。

大事な興行の1試合目ですから、そうでなくては、イベント自体が白眼視されてしまいます。

私がプロデューサーであれば、
この特別な試合だけは、ジャッジを入れ替えたいと思いますよ。

「ジャッジ大成30-30ドロー、ジャッジ中川30-29魔娑斗、ジャッジ御座岡30-29魔娑斗」

とか言われるより、

「ジャッジ・アーネスト・ホースト、30-29魔娑斗、ジャッジ・マイク・ベルナルド29-29ドロー、ジャッジ・ブランコ・シカティック30-29、赤、魔娑斗」

とか言われるほうが、どっちが説得力がありますか?

レジェンド選手たちを特別審判員に。こんな企画があってもいいんじゃないでしょうか?


にほんブログ村 格闘技ブログへ

大成敦にはうんざりだ→人気blogランキングへ
by the_kakato_otoshi | 2007-09-10 11:37 | K-1
藤本祐介VS澤屋敷純一に賛成の理由
自分でこの組み合わせを予想しておいてなんですが、

私はこの組み合わせしかないんじゃないかと思っていました。

理由は「勝負論」です。

マイティ・モーVSチェ・ホンマンハリッドVSグラウベ・フェイトーザなどは、どっちが勝つかは五分五分の好カードだと思います。

セーム・シュルトVSスロウィンスキージェロム・レ・バンナVSルスラン・カラエフも、8対2くらいで左が勝つでしょうが、カラエフやスロウィンスキーは若く「何か起してくれそう」な選手。ワクドキするでしょう。

つまり、どっちが勝つかわからないから、スポーツ中継は面白いんですよね。

しかし、
ぶっちゃけた話ですが、藤本と澤屋敷、多分16人にランキングをつけたら15位と16位だと思います。(多分)14位のダグ・ヴィニーにも勝てないでしょう。

つまり、この二人はお互いに戦いあうしか、勝負論になる選手がいないんですよ。。。。

谷川IPも、そういう意味合いでこういう風にしたんでしょうね。

フジテレビが武蔵を出すように圧力をかけてきたと思いますが、突っぱねて澤屋敷を起用したのはFEGのGJだと思います。あとは、澤屋敷自身がこの期待にどう応えるかです。見事藤本という日本人最強選手に勝利し、チャンスをつかめるでしょうか?

K-1ファイターにとって、チャンスというのはそんなに多くないのです
武蔵だって、デビュー戦であのアメリカ人をKOしていなかったら、こんなに長く活躍する選手にはならなかったことでしょう。

ワンチャンスをものにしてこそ、K-1ファイター。澤屋敷はデビューイヤーにして正念場ですね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

藤本祐介も意地を見せてほしい→人気blogランキングへ
by the_kakato_otoshi | 2007-09-08 00:40 | K-1
レミー・ボンヤスキー、ミルコとともに。。。
レミー・ボンヤスキーのインタビューのリンクです。

オランダ語じゃなくて英語です。安心ですね。
ミルコと一緒にクロアチアで練習しているそうですよ。
ミルコと立ち技のスパーリングなどをしているのでしょうね。激しく見たい(笑)。

要約すると、

モチベーションは下がっていない。トレーナーが変わったり、肉親がなくなったりとハードは状況だったが今はトレーニングに集中している。
今、K-1でベストなファイターはシュルトとアーツ(自分を除けば)。MMAではヒョードルだろう。


ということだそうです。簡単にしすぎ? 細かい部分のヒアリングに自信がないので、このくらいで勘弁してください。

開幕戦はレコ。K-1の王道たる、いい試合になるでしょう。金的に注意して頑張ってほしいですね。

私が思うに、ボンヤスキーは強いし、最近もグラウベに勝つなど、全然一流どころとしてやっていけると思います。KOも狙えるし、何よりも美しい試合をする。
二年前の準決勝でシュルトになすすべもなく敗れたのが記憶に残っているのか、格闘ファンのみなさんもボンヤスキーを諦めかけているかも知れません。しかし、絶好調のボンヤスキーは誰にも止められないでしょうし、今年、ひょっとしたらミルコとのスパーなどで刺激をうけて、大躍進があるかも知れないですよ!

にほんブログ村 格闘技ブログへ

がんばれボンヤスキー→人気blogランキングへ
by the_kakato_otoshi | 2007-09-07 16:24 | K-1
K-1トルコ大会、コウイチ・ペタス出陣
澤屋敷、野田貢らと並んでK-1ファンの注目度も高いコウイチ・ペタスが11月2日にトルコのイスタンブールで行われるK-1トルコ大会のトーナメントに出場します。

対戦相手はラマザン・ラマザノフ。……よくわかんないなぁ。。。

このトーナメントにはエルハン・デニスやポチュラックという見知った顔もいるのですが、
ほかはあまり知りませんね。。。

ワンマッチではマゴメド・マゴメドフVSグーカン・サキ
日本人の松山が出場するようです。
サメドフがフランス人相手に再起戦ですね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

グーカン・サキはトルコ産まれのオランダ育ちらしい→人気blogランキングへ

Superfight

Magomed Magomedov (Russia) vs Gokhan Saki (Turkey/Holland)
Kozo Matsuyama (Japan) vs Adem Bozkurt (Turkey)
Frederic Caruge (France) vs Zabit Samedov (Belarus)

Tournament
Vitor Miranda(Brazil) vs Erhan Deniz (Turkey)
Abdulmalik Gadzhiev (Russia) vs Dzevad Poturak (Bosnia)
Ramazan Ramazanov (Russia) vs Kouichi Pettas (Japan)
Lukacz Jarocz (Poland) vs Andre Meunier (Australia)

Reserv Fight

Etup Kuscu (Turkey) vs Deniz Fidan (Turkey)
Chong (Hong Kong) vs Buruk Ugur (Turkey)

by the_kakato_otoshi | 2007-09-07 16:04 | K-1
開幕戦組み合わせ決定
http://kakato24.exblog.jp/6554336/
↑「かかとおとし」7月に予想した開幕戦の組み合わせ。

8カードのうち、2カード的中ですね。まーいいほうじゃないでしょうか。

かかとおとしでの既報のものは除き、今日発表されたものは、

グラウベ・フェイトーザ VS ハリッド・ディファウスト
レミー・ボンヤスキー VS ステファン・レコ
藤本祐介 VS 澤屋敷純一


の3カードですね。

ハリッドとレコは同門だから、当てられないとして、まぁ無難かなというのが第一印象。

日本人を1人残すという意味では、藤本祐介VS澤屋敷純一は予想できます。
フェイトーザVSハリッドは足技VS拳という面白い試合が見れそうですし、レミーVSレコは昨年の決勝戦ベスト8で金的を2度蹴られた恨みをボンヤスキーが晴らすのかどうかという「ある意味」リベンジマッチ(笑)です。

予想などは、今後随時気の向いたときに行っていきたいと思います。

ヴィニーVSハリ、カラエフVSバンナなどはもうかなり前から海外のスポーツニュースなどではアップされていたのでいまさらコメントしません。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

ついに決定。ワクワクですね。→人気blogランキングへ
by the_kakato_otoshi | 2007-09-06 17:52 | K-1
絶対王者シュルトの相手は2年連続欧州王者
これまでも、海外では噂になっていたんですが、
どうやら事実らしいのでここで述べます。

セーム・シュルトの対戦相手は、どうやらポール・スロウィンスキーらしいということです。

セーム・シュルトは昨年はビヨン・ブレギー、一昨年はグラウベ・フェイトーザとかなり強い相手とやっていたわけですが、今回は成長著しいホーストの弟子スロウィンスキーとなりました。

新世代ファイターの中でも私がかなり期待しているスロウィンスキーが、いきなり王者というのも残念至極ですね。

体格的にも非常に不利。しかし、光明があるとすれば、いわゆる「地獄のローキック」ですね。。。

去年はグラウベに完敗のスロ。普通に考えても、シュルトの敵ではないような気がしますが。。

私の開幕戦組み合わせ予想が当たってしまいましたね。。。。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

残る組み合わせはあと3つ→人気blogランキングへ
by the_kakato_otoshi | 2007-09-06 11:10 | K-1
秋山の主張すべきこと。
格闘家が謝罪文を出すというのも珍奇な話ですよね。

過去にこのような例があったかどうかというとちょっと、記憶にございません。

ファイトマネー没収と、半年の出場停止というのは、十分重い罰則だとは思いますが、
世間様は許しても格闘ファンはそれを許さないわけです。

秋山程度の選手に目くじらを立てるのも馬鹿馬鹿しいのですが、
この謝罪文とやらが結構面白いので取り上げてみます。

この文章の組み立てを解析すると……

1 関係者への謝罪
2 再び出場したいという希望
3 真摯に反省しているということの証明(学生うんぬん、健康うんぬん)
4 再度、出場したいという意欲表明→ファンが出場を決めるとのこと

なんですが・・・。

つまり、

こんなに反省してますんで、バッシングやめてくれませんか?

ってことですよね。

格闘家ってのは……。
謝って出場を請う生き物なのか? と。

思ってしまいましたね。

しかも、なんで体の不自由な人が関係あるのかな、と。

ていうかですね。

たかだか体にクリームを塗っただけで、命の尊さがうんぬんとか、意味わかんないです。ちょっと笑っちゃいました。馬鹿じゃないの、と。

なんかもう思考回路が変になっちゃってるとしか思えないですね。ルールを遵守することが求められているわけだから、たとえば審判の修行をするとか、そういうことで「フェアプレーの精神」を身に着けたことをアピールするべきなのに、柔道に打ち込む姿とか、もうぜんぜん関係ないですよ
ある意味「議論のすり替え」を感じますね。頭の中まで体育会系で凝り固まっているのかもしれませんが、精神的に大丈夫なのかとこっちが心配です。

秋山が主張すべきは、「フェアプレー」のみで十分で、それ以外は火に油を注ぐだけだと思います。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

Hero’sはどこへいく?→人気blogランキングへ


この度、年末の試合でご迷惑を掛けた方々へお詫び申し上げます。
 HERO’Sを支えて下さっている格闘技ファンの方々、関係者様、並びにスポンサー様、私を信じてくれた柔道の子供達、そして桜庭さん大変ご迷惑をお掛けしました。申し訳ございませんでした。

 年末からの8カ月間、私自身、自分自身を見つめなおし自分の甘さについて反省する日々を送ってきました。今は、いつかまた試合に出場させて頂きたいという思いから、できる限りのトレーニングをしている毎日を送っています。
 お世話になっている方々へお詫びを続け、個人的には初心に返る為に柔道場へ赴き、一生懸命柔道に打ち込んでいる学生の姿を見学致しました。
 また、体の不自由な方々がいらっしゃる施設にも赴き、お話をさせて頂く事で健康である事のありがたみ、好きな事ができている喜び、そして命の尊さを改めて学ばさせて頂きました。

 もし現在の私の心境を述べさせて頂けるならば率直にHERO’Sの舞台でお詫びと反省を表し、そして新たに出発するチャンスを頂きたいというのが正直な気持ちです。
 とは言えども私が出場するか否かを決定できる立場ではない事は承知しております。
 出場できるか否かの決定や選択は主催者様始め、ファンの皆様の判断によるものです。私としましては、試合に出場できる事を願い、これからも練習を日々重ねて行きます。

 この度は本当に申し訳ございませんでした。   秋山成勲

by the_kakato_otoshi | 2007-09-05 23:50 | 総合格闘技
  

「K-1」についての情報・コラム。ツイッターはEbi_Knight。ご連絡はkorgradiasアットマークmail.goo.ne.jp
by the_kakato_otoshi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
さらばゴールデンボーイ? バ..
at 2011-09-29 23:48
番狂わせあり、名勝負あり、7..
at 2011-09-25 21:58
ショータイム70kgトーナメ..
at 2011-09-25 17:10
ほほ笑みの国
at 2011-08-21 23:51
明日からちょっと
at 2011-08-19 22:49
アクセス
ファン
ブログジャンル
画像一覧